サービスホットライン:400-676-1818

    2016年

  • 11.222016

    中共中央政治局常務委員、国務院総理李克強氏が上海浦東ソフトウェアパーク祖沖之パークを訪問、パーク内企業である上海億通国際株式会社を視察するとともに自由貿易区の業務報告を聴取した。
  • 09.242016

    浦江フォーラムの「創る•未来」アジア革新起業協力フォーラムが上海国際会議センターで行われ、上海浦東ソフトウェアパークインキュベーターがアジア企業インキュベーター協会(AABI)によって授与される「2016年度最最優秀インキュベーター賞」を獲得、2016年の中国で唯一の「アジアで最も優れたインキュベーター」という栄誉に輝いた。
  • 09.222016

    「2016火花S-Park中国産業ディベロッパーベスト30」ランキング発表会が首都北京の上地•元センターで華やかに行われ、上海浦東ソフトウェアパーク各プロジェクト総合で第7位、「2016火花S-Park最も期待されるパークベスト10」に選ばれた。
  • 08.182016

    インテリジェンスサービス、すぐ手に届く」をテーマとした2016浦軟SPSP「インターネット+サービス」戦略発表会が浦軟SPSPビル二階セミナーホールで開催され、パーク内300余りの企業の代表、50余りのサービス機関、40余りの主なメディアがこの発表会に参加した。
  • 04.282016

    上海浦東ソフトウェアパーク三林パークプロジェクトが正式着工。これは上海浦東ソフトウェアパークが、張江の二大コアパークおよび三林万博パーク、昆山パークに次いで建設を開始した5番目のパークである。

    2015年

  • 12.282015

     全く新しい起業基盤である「I-CUBE愛酷ラブクールスペイス」が正式に始動し、パークのオフラインインキュベーター(起業)スペースの面積は4万平方メートルとなった。
  • 11.302015

    実地の視察と資格評定を経て、上海浦東ソフトウェアパークは第二期「全国青年創業モデルパーク」の輝かしい称号を獲得した。この称号は中国共産主義青年団の認可によるもので、全国37の企業がこの第二期「全国青年創業モデルパーク」の称号を獲得、37企業のうち上海では2企業だけである。
  • 09.252015

    張素龍社長及びドイツベルリンAlderShof ParkのCEOであるHardy Rudolf Schmitz 氏が北京でパーク協力フレーム協議に署名した。今回の契約は浦軟SPSPが事前にドイツを訪問、商談を行い、積極的に取り組んだおかげで成立したもので、これも浦軟SPSPの国際的協力の展開の一つであり、国際革新センターの大事なランドマークでもある。
  • 09.172015

    第1回「ザ ヴォイス オブ浦軟SPSPしあわせ生活歌合戦」が成功裏に開催された。62日間の熾烈な戦いを経て、決勝戦では10000人を超える観客たちが上海浦東ソフトウェアパークの微信公式アカウントで「私の選ぶ人気歌手」の投票を行った。また4人のプロの歌の専門家たちと20人の一般審査員の現場審査によって、第1回「ザ ヴォイス オブ浦軟SPSP十大歌手」が誕生した。
  • 05.182015

    上海浦東ソフトウェアパークは対外的に「浦軟SPSP起業+」5年行動計画、および多次元的革新パーク新発展モデル、企業の革新力全面起動を正式に発表。

    2014年

  • 12.242014

    上海浦東ソフトウェアパークの新業態—「汇智HZ国際ビジネスセンター」が正式にオープン。※汇智(叡智を集結させたという意味です。)
  • 12.192014

    上海市著名商標審査員会の審査を経て「浦軟」の商標が 「上海市著名商標」の称号を獲得。
  • 12.112014

    浦軟SPSP人材アパートオープンセレモニーを挙行。浦軟SPSPは福利厚生制度「しあわせ生活」を設立、人材アパート管理モデルを始動した。
  • 01.082014

    上海浦東ソフトウェアパーク川沙パークプロジェクトが正式に始動。 「上海浦東ソフトウェアパーク川沙パーク発展有限公司」が開業。

    2013年

  • 05.302013

    わが社が請け負ったサービスのアウトソーシング交易促進センターが 北京国際サービス貿易交易会に初出展した。
  • 01.312013

    上海浦東ソフトウェアパークは国家産業と情報部より「国家新型産業化(ソフトウェアと情報サービス)産業モデル基地」の栄誉ある称号を授与された。

    2012年

  • 05.052012

    中国ソフトウェアパーク発展連盟の成立し大会が上海浦東ソフトウェアパークで挙行された。

    2011年

  • 07.182011

    パーク内最大面積を誇る研究開発ビル上海浦東ソフトウェアパーク祖冲之パークB区が正式に落成した。
  • 06.282011

    上海浦東ソフトウェアパークはクラウド戦略を実施、全業務ITクラウド プラットフォームである「浦軟SPSP汇智HZサービスクラウド」を正式にオンラインした。

    2010年

  • 03.182010

    上海浦東ソフトウェアパークは「鋭意革新、叡智の十年」の開園10周年記念式典を挙行。

    2009年

  • 10.282009

    上海浦東ソフトウェアパークはパーク全体の新しいサービスシステムについて対外的に正式発表。
  • 08.282009

    上海浦東ソフトウェアパーク昆山パークの開園セレモニーを挙行。

    2008年

  • 10.162008

    上海浦東ソフトウェアパーク三林万博パークの開園セレモニーを挙行。

    2006年

  • 03.232006

    祖沖之パークへの進出第一号企業であるドイツSAP中国研究院ビル正式使用開始。

    2004年

  • 12.282004

    上海浦東ソフトウェアパーク第三期(祖沖之パーク)基礎工事着工。

    2003年

  • 11.242003

    上海浦東ソフトウェアパークは「国家ソフトウェア輸出基地」の称号をなることを許可され授与された。

    2000年

  • 07.202000

    国家情報産業部の曲維枝副部長及び上海市人民政府の周禹鹏副市長が国家ソフトウェア産業基地上海浦東ソフトウェアパークの除幕式を挙行。
  • 03.182000

    上海浦東ソフトウェアパーク開園セレモニーを挙行。

    1998年

  • 10.061998

    上海浦東ソフトウェアパーク第一期基礎工事着工。

    1992年

  • 03.141992

    国家機械電子工業部及び上海人民政府が「上海浦東ソフトウェアパーク建設の協議」に調印。